脂性と一見よく似ているインナードライ肌、このトラブルを改善する為のケアの鍵は、保湿になります。インナードライと言うのは文字通り、肌の奥の角層や真皮が乾燥している為に、水分を守ろうとして表面に油が出て来ている症状です。その状態を改善するには、角層や真皮に水分を届けて保湿してあげる必要があります。そしてケアの中でも重要なのが、化粧水と言われています。保湿成分が含まれていて、皮脂のバリアを壊す原因のアルコールが入っていない、と言うのが最低条件ですが、良い物を見つけるのは大変だと思います。そこで症状改善におすすめの化粧水ベスト3を、ランキング形式で紹介したいと思います。

 

第3位 キュレル 化粧水I・II・III
乾燥性敏感肌向けと謳われている商品ですが、インナードライのケアにも力を発揮してくれます。ケア必要な成分であるセラミドが入っており、不要なアルコールは入っていません。同じ乾燥と言うトラブルを解消する為の商品なので、保湿力の高さは間違いありません。プチプラでドラックストアでも手に入り、質感もさっぱり目から超しっとりまで選べるのが、好感度の理由です。

 

第2位 無印良品 敏感肌用 高保湿タイプ
こちらもプチプラの商品の中で、かなり人気が高い商品です。ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持っていると言われるリピジュアRと、ヒアルロン酸が配合されています。こちらもアルコールフリーで、たっぷり気兼ね無く使えるのが魅力です。たっぷり使って、きっちり保湿したい人向けの商品です。

 

第1位 オルビス アクアフォースローション
他の2商品と比べると、やや割高の商品ですが、効果が高いローションです。その秘密は角層に水分を保水する成分ラミナリアAと、真皮細胞のキメを整えるピュアアクアエッセンスに有ります。ピュアアクアエッセンスはオルビスが開発した水で、人の持つうるおい成分に、近い成分を含んでいます。この水が角層に届くと細胞がふっくらしてキメが整い、保水しやすい状態になります。更に表皮に近い角層をラミナリアAが整える事で、肌に貯えた水分を逃がさない構造を作ります。乾燥についてしっかりと、考えられた化粧水なんです。それが人気に、繋がって居るんですね。

 

インナードライのケアにはこの他にも、洗顔をし過ぎない、化粧水後はきちんと乳液やクリームで蓋をする。と言った事も大切になってきます。しっかりケアをして、脱インナードライを目指しましょう。